仙台で二重まぶたの手術をして綺麗になったとみんなに褒められて嬉しい!

やらないで後悔するのはもったいない

アイプチは自然にはならない | 親が許してくれないなら…! | やらないで後悔するのはもったいない

実際一重の人が二重になると本当に雰囲気が変わりますし、なんだか今よりずっと自信を持った明るい自分になれそうだと感じたのです。
大人はありのままの自分に自信を持って生きるほうが、見た目ばかりに拘るよりはどんなに良いかと話します。
でもそれだったら大人だってお化粧したり、白髪染めをどうしてするのかと頭の中にそんなことが浮かんではいうことが矛盾していると思うのです。
年をとったらみっともないから綺麗にしようと思うというのであれば、若いうちになりたい自分になってどこがいけないのでしょうか。
大人のいうことは尤もだと思うこともいっぱいありますが、矛盾していると思うこともたくさんあります。
そういうわけで私は私なりにいろいろ下調べをおこなって、計画を立て実行に移すことにしたというわけなのです。
私の父方の祖母は私たちのような若い者の考え方にもわりと理解がある人で、自分で責任が取れるなら若いうちに出来ることはやっておいたほうが後悔しないといいます。
自分はしたいことを若いときにやらなくて、今になって後悔したことがあるのかも知れません。
とりあえず私は仙台に落ち着くと同時に埋没法の手術を試し、仙台でできた友達にも綺麗になったと褒められて気分が良くなっています。